少年ジャンプの競争力

少年ジャンプの競争力

前回、週刊少年ジャンプを例に取り週刊誌での誌面作成への疑問を投げかけましたが、果たして私が持つ疑問というものが正しい疑問であるかに関しては、一概にそうであるとは言えません。

週刊少年ジャンプにおける気の狂う様な競争社会で勝ち残る作品というのは本当に素晴らしいモノなのかもしれません。
確かに時代時代を切り取った時、全漫画誌の中でナンバーワンは常に週刊少年ジャンプの作品である様に思います。

僕ら世代で言えば、ドラゴンボールが圧倒的な1位でしたし、少し後の世代になるとスラムダンク、そして最近の作品で言えばワンピースが圧倒的ナンバーワンとなっております。
こうして時代時代の帝王を務めてきた作品週刊少年ジャンプという類まれな競争社会の中でこそ生まれ得た傑作なのかもしれません。

私は、ワンピースという漫画を読む事はありません。
正直、面白いとは思えないのです。
だからと言って作品を否定する事はありません。
それは私が大人になったという事であると思います。

時代時代を作ってきた、週刊少年ジャンプはワンピース亡き後も圧倒的ナンバーワン少年漫画を生み出す事ができるのでしょうか?
また、他の週刊少年漫画誌からジャンプを凌ぐナンバーワン万漫画は生まれるのでしょうか?

copyright(C)漫画・アニメ評論会