実写化もされている桜蘭高校ホスト部

実写化もされている桜蘭高校ホスト部

『桜蘭高校ホスト部』
葉鳥ネジ共同による日本とそれをオリジナル(ゲーム作業)とみなしたアニメーションの、コメディアンは働きます。
「ララ」(白泉社)で、それは2002年9月に2010年11月まで連続的に問題を発表されました問題。
人気の記事といろいろなインタビュー(その後180ページを超えるを新しく書面にした仕事を含むこの製品に費やした(しかし、これのために現在新しい仕事に非集まっている本を書くように)、6ページの「結論記憶記念別料金番号」)を再版しながら、「LaLa12月号別料金番号ララSpecial」は出版されました。
そのうえ、「特別編」が「ララ」に置かれたので、鏡夜を特徴づけた読本の60ページ、この雑誌(これは最も最後の部分で集められます)であった2011年3月は、出ます。
ほとんどが2011年4月に最後に分ける主なボリュームになった18冊は、出版されました。
そのうえ、それは世界のすべての国で表現されます。
テレビ・アニメーションは、2006年4月から9月まで日本テレビジョンシステムで放送されました。
本の総発行部数は、1100万部を超えます。
それは似合われます。
そして、2011年9月が連続して月号と10月によりカバーを飾られる点版キャストを引き受けられる写真に支給する。
「ララ」と、2011年7月にTBSで点演劇の上で戯曲化、関連記事の「特別編」と16ページの記念を持っていかれる写真は置かれて、そして、虫垂には写真本が付いてきた。
この特別編2は主要なボリューム終わりから2年後に一緒に絵を描きます。
そして、すべての主役は大学生になります。
そのほかに、これらの特別編で、著者によると、それはまだ決定されません。

copyright(C)漫画・アニメ評論会