アクエリオンのストーリー

アクエリオンのストーリー

創聖のアクエリオンという作品は結構深いです。
倒れて、羽を高く上げます」(だてんし)人間の天敵が12,000年前第一次世界大戦の後封をした気候の大きな事故によって復活します。
人間が落す「創聖の本」で下って、そして、再び空羽との戦いに手紙を書かれるのを、伝説的な機械天使「アクエリオン」が発見します。
伝説集の兵士が「アクエリオンを管理している地球再生メカニズム「ディーバ」が12,000年前落す翼再臨、そして、ハンドルアクエリオン、空であることが切って、太陽の人間と、側に持っていった」という予測を受けて、男の子(北町の自然子供のようなアポロ)を見破ります。
人間さがしにおいて離れて友人を持っていかれるアポロは不可解な声に連れていかれます。
そして、それは巨大な武器アクエリオンの乗客になります。
それをすることは、長いnandikesvaraの羽(出来事の先頭の羽)があった睡眠から出てきそうでした…。
アポロは、本当に太陽の翼ですか?太陽の翼のあたりの運命12,000年で前。
そして、倒れます。
そして、それは次に落ちる空羽であるか、人間です?
こういったストーリーになっています。
このような内容という物は結構珍しいかもしれません。

copyright(C)漫画・アニメ評論会