アニメと笑いの洗脳

アニメと笑いの洗脳

私は、ガンダムを始め、スタジオジブリ作品を含めてもアニメーションにはまった事はこれまで1度もありません。
会社勤めもきちんとしていますし、彼女もいます。
引き籠った事もありませんしイジメを受けた記憶もないのです。

それなのにそれなのに私はエヴァンゲリオンにはまってしまいました。
松本人志にはまってしまう様に全てのエヴァンゲリオンのセリフには意味があるのではないだろうか?シンジは?アスカは?と居てもたってもいられない様になるのです。

昔、伊集院光が松本人志の面白さをこう表現しています。
松本さんの面白さは松本さんの(笑)を分かるのは自分しかいないと多くの人に錯覚させている事である。と。

なるほど、その意見には大賛成です。
俺だけはわかっている松本の笑いを、エヴァンゲリオンの面白さを、と考えると割とすっきりもします。
色々な場面で遭遇する洗脳という行為と似ているかもしれません。

ではどの様に、エヴァンゲリオン庵野氏や松本氏は我々に洗脳を掛けているのでしょうか?
その謎が解き明かされる日は来るのでしょうか?

散々、考えた事ですがいまだに私の中では結論がでません。
誰でもいい誰でもいいからこの謎が解かれる日が来る事を祈ります。

copyright(C)漫画・アニメ評論会